保護者様の声

野口さん(陽翔くん小学2年生、結翔くん3歳6ヵ月)

リッツとは兄弟そろって長いお付き合いです。兄は3歳6ヶ月から小学校に入るまで3年7ヶ月。弟は3歳1ヶ月からすでに1年3ヶ月。きっかけは、これから世の中では英語が必要だと強く思ったからです。いろんな英語教室を探し、リッツが目に留まりました。大手の全国展開の教室とは違う個人経営に最初は不安を覚えましたが方針・内容からリッツを選びました。習わせるからには、成果を求めたいと思ったのです。楽しく通う様子を見て安心するとともに、年中さんのとき英検ジュニアのシルバーに合格し、手応えを感じたので弟も習わせました。園への送迎があるのも助かります。兄が小学生になり、リッツの姉妹教室のステップワールドに進級後も、学校にお迎えに来てもらえるので大助りです。小1で英検5級に合格できました。送迎という教育環境を整えてもらって感謝してます。

(陽翔くんステップワールド・結翔くん オレンジコース)


植田さん(璃子ちゃん 3歳10ヶ月)

いつも親身になって璃子に接しご指導くださっている講師・ご関係の皆さま、そしてお友達の皆さんに感謝申し上げます。
璃子がリッツナーサリーのキンダークラスにお世話になり、もうすぐ1年が経過しようとしています。当初は外国人の先生に戸惑う様子も見られましたが、外国人の先生特有の大きなアクションやフレンドリーな接し方などに徐々に魅了され、今ではしっかり溶け込んでくれているようです。リッツでの生活において不安が生じたときには先生方が親身に相談に乗って下さいますし、子供へのフォローもきちんとして頂けるので当初から安心して子供を見送ることが出来ました。最近は内弁慶な性格も少しずつオープンになり、物怖じしなくなった様子に頼もしさも感じております。
リッツに通いだしてからは日本語と英語の区別が即座に出来るようになり(耳に入ってくる音が違うのでしょうね)、テレビを見ていても言葉を聞いた瞬間に「これは英語で言ってるね」などの反応があります。耳が慣れる、とはこの事かと思い知りました。”お天気”や”動物”などのポピュラーな単語は日本語と英語の両方をきちんと理解して言えるようになっており、驚かされることもしばしばです。お風呂(湯船)でのカウントは「1,2,3、…」 + 「One , Two , Three , …」の二本立てで、いつの間にか、英語で50あたりまで数えられるようになっていてビックリさせられました(しかも発音がしっかりできている…)。
また製作の時間が毎回ある為、手先がとっても器用になり、特にぬり絵がみるみるうちに上達していきました。友達と過ごす時間や先生とのおしゃべりの時間もたくさんあるようで、家に帰ってくるとその日にあった出来事を楽しそうに教えてくれます(ところどころ英語だったりします!)。またリッツでは異なる年齢の友達との交流も多いので、「年下のお友達に優しく出来た」とか「年上のお友達におしえて貰った」など、英語だけではなく大切な人間関係を学ぶことができることに大変感謝しています。
璃子はこれまでに一度もリッツへの登園を嫌がったことがありません。送迎の先生と過ごす時間も大好きなようです。親としては、子供が毎日楽しく通っていることが一番嬉しいことですので、本当にありがたく感謝がつきません。
もうすぐ4才。リッツの皆さまのご指導のもと、親子ともども今後ともよろしくお願い致します。

(璃子ちゃん キンダーコース)


浜野さん(研二くん 5才11ヶ月)

今年オレンジ2年目です。
最近は書くことに興味があるようで、宿題のプリントを自分から楽しくやってくれています。昨年幼稚園に入園してキンダー→オレンジへとクラスを移り、英語に触れる時間が減ってしまったのですが、英語に対する興味は持ち続けてくれているようで嬉しく思います。
貴重な毎週のリッツの時間、先生方の英語をたくさん吸収して、少しでも彼の力になってくれたらと思います。

(研二くん オレンジコース)


山崎さん(はるかちゃん 5才4ヶ月)

はじめに、はるかが日頃お世話になっているリッツの先生方やお友達に心より感謝申し上げます。はるかは2歳になる前からリッツでお世話になっており、早いもので3年が経ちました。はるかにはリッツは英語を教えてもらう教室というよりは、お友達と遊んだり歌ったり楽しく過ごせる近所のお家という感覚が強いようです。
最近はちょっとはずかしい気持ちが生まれてしまうそうで、家では自分から英語を話してくれることは少なくなりましたが、テレビなどで英語のセリフや曲が流れると、自然に一緒に口ずさんだり歌ったりすることがあります。またその意味もほとんど理解しているようなので、リッツに通ううちに英語を自然と聞き取る力(耳)が出来てきたんだろうなぁと感心することも多いです。
はるかは今年の4月、初めて幼稚園に入園しました。いわゆる”一年保育”なので、まわりと比べて行動などが遅れていたり劣っていないかと少しは心配もありましたが、すぐに何も問題ないことがわかり安心しました。リッツですでに集団生活を経験していたからでしょうか。
リッツでは英語学習はもちろん、お友達との集団生活やコミュニケションなどもあわせて一緒に学べるところは大きな魅力だと思います。少しでも年上のお友達からは大切にしてもらい、少しでも年下のお友達は守ってあげる、お世話をする、という概念が子供たちの中で毎年自然に繰り返されているようで驚きです。残念ながらリッツは今年度で卒業となりますが、それまでリッツを満喫しつつ、英語にふれあい、今まで通り英語が大好きでいて欲しいです。
今度ともどうぞよろしくお願いいたします。

(はるかちゃん オレンジコース)


野添さん(美寧ちゃん 6才0ヶ月)

お世話になっています。早いものでオレンジ2年目、リッツナーサリーでお世話になれる最終学年になりました。
キンダーからオレンジになった時は時間も短くなり英語に触れる時間が減って大丈夫かなと思っていましたが、本人の中でうまく配分できていたようです。
最近はホームワークで持って帰ってくるパズルのプリントが気に入っていてリッツから帰ってくるとすぐにやっています。最初は単語がなかなか見つけ出せずイライラしたり泣きながらやっていましたが、ここのところようやく慣れてきたようでゲーム感覚で楽しんでいます。これからも英語とうまく触れ合い、それを継続していってくれればと思います。

(美寧ちゃん 2009年 月入園 キンダーコース)


Kさん (2才8ヶ月)

去年の6月のプレアップルからお世話になっています。親子で今日は何をするのかな?とワクワクしながら通っていました。子供の機嫌や集中力は毎回違うので、全く興味がないという態度を取る時もあり、親としては今日は行っても無駄だったかなと思うことはしょっちゅう…。でもある日”My name is ~”とタカコ先生の身振り手振りとそっくり!とっても得意顔(笑)。興味がないと思っていても、子供は吸収しているんですね。
“L”や”R”、”M”や”N”などの発音も私では出せない音で言っている気がします。文字が読めない為タカコ先生の口元や身振り手振り、音をじっと聞いたり見たりしているんでしょうね。
4月からアップルコースになりましたが、お友達と遊んだり、ダンスをしたり、塗り絵をしたり、おやつを食べたりと色々な刺激を与えて頂き、楽しみながら何かを吸収しているといいな~!
先生方に優しく、時にはきちんと叱っていただいて息子も少しずつ集団生活に慣れてきています。感謝しております。これからもご指導よろしくお願いします。お迎え時、ニコニコの笑顔で楽しかった☆という瞬間を楽しみにしています。

(Hくん アップルコース)


高橋さん(由依奈ちゃん 3才7ヶ月)

昨年の10月からプレアップル(2月からアップル、今年の3月からキンダコース)に通っています。
アップルに移った時は初めて私から離れるので泣いてしまわないかと不安に思いましたが、あっさりと「バイバイ」と言って行きました。キンダーに移っても毎日「楽しかったあ」と帰って来ているので安心しています。
娘はキンダーに入り最初のお弁当で野菜を少し残してしまった様ですが、次からは得意気になり空になったお弁当箱を見せてくれます。特にキンダーに通い始めて、娘は生活面でも積極的になってきていると思います。以前は「できない。」と言ってやろうとしなかったことも、少しだけでもチャレンジするようになってきました。
家では何かはっきりわかりませんが、英語の歌を歌ってみたり、時には「これはgreenよ。これはpurple」などと言ったり、嫌なことは「No!」と言うようになりました。
いつも先生方には温かくご指導頂き、本当にありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

(由依奈ちゃん キンダーコース)


西原さん(はくあくん 6才0ヶ月)

ずっと楽しく通わせていただいています。
家ではなかなか英語を口にする事がなく、上達しているのかな?と思っていました。それでも児童英検できっちり結果を出してくれているので、耳は確実にでてきているのだなと実感しています。
いまはTVの英語番組を一緒にみたり、Readingの本を読んだりしていますが、なかなか上手く継続できずにいます。
リッツではきっちり反復して覚えるので単語はよく知っているなと感じます。出来ればリッツを卒業するまでに、少しでも自分の言いたいことが英語で言えたらいいなと思います。

(はくあくん オレンジコース)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。