リッツナーサリーの想い

リッツナーサリースクール(以下リッツ)では、イキイキとした英語を体感できる「生活体験型レッスン」を重視しています。
幼児期の子供たちは、その時・その瞬間に、目の前にあるものに興味を持ち、ありのままを素直に知識として吸収していきます。ですから、物や出来ごと、気持ちを直接体験することが幼児期の学習には不可欠だと考えます。

だからこそ、1回のレッスンは長時間を設定。レッスン中には、褒められることもあれば、叱られることもあります。お友達と一緒におやつを食べたり、時にはおもちゃの取り合いになったり。様々な体験をしたその瞬間に、先生から話しかけられた英語や子供自身が発した一言、これこそが生きたコミュニケションなのです。そうして自然にキレイな英語を身に付けてゆきます。

幼児期は右脳の発達のピークと言われています。この時期に30分や40分の短時間レッスンでは叶えられない様々なシチュエーションのもとで、質の高い英語体験を与えることが子供たちの英語力を高める一番の近道なのです。
リッツは単に英語だけを学ぶ場ではなく、英語を通して知性や人間性を学ぶ場です。是非お子様に、様々な英語体験をさせてあげて下さい。幼児期の素晴らしい体験がお子様の将来にとって有意義なものになると確信しております。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。